経営の健全性で選ぶなら「ライフネット生命」がオススメ

生命保険というのは、一家の大黒柱たるご主人に万一の事があった場合に備えて加入しているモノですから、もしもの際には残された遺族が当面の生活に困らないだけの保険金をしっかりと支払える財務体力がある保険会社であるという事が、まず第一の加入すべきかどうかを判断する上での条件となってきますよね?
ちなみに我が家で現在加入している『ライフネット生命』は、生命保険会社の経営の健全性を示す指標の一つと言われている「ソルベンシー・マージン比率」が2,091.9%(2013年6月30日時点)と、極めて良好な水準にあるので安心感が違うんですよ。
なお一般的にソルベンシー・マージン比率が200%以上であれば行政監督上、健全性に係る一つの基準を満たしているとされていますから、いかにライフネット生命の健全性がズバ抜けているかというのは皆さんにもよくお分かりいただけるかと思います。
自分にもしもの事があった場合に、愛する家族を路頭に迷わせるのは嫌だとお考えの一家の大黒柱さんがおられましたら、ぜひライフネット生命への加入を前向きにご検討されてみてはいかがでしょうか?
こちらをクリック