交通事故で後遺障害を負うこともある

自分だけは交通事故には遭わないと勝手に思っていたりしますが、なにごともなく毎日を過ごせることは実は幸せなことです。
交通事故といえば昔は車対車や車対人が主でしたが最近はマウンテンバイクの普及もあって自転車の事故もかなり増えているといいます。
そして事故でけがをしてしまうということも稀ではないのです。
治療をして治る怪我でしたらまだいいですが、後遺症を抱えてしますこともあるのです。
事故に遭ってしまったらまずやらなくてはならないことは、速やかに警察に届けるということです。
事故についても、自分が被害にあったということをいって物損ではなく人身事故なのだということをいうことが大切です。
その後病院に言って治療がはじまるのですが、それも接骨院ではなく正規の医師のいる整形外科に通うことが必要です。
ある程度治療をしてもこれ以上治らないということになると、医師のもとにより症状固定の診断をうけることになります。
こうして後遺障害があるということになります。
この診断により、交通事故の後遺障害として何級があてはまるのかが決定されるのです。
この決定により相手側の保険会社から自賠責保険や慰謝料が支払われることになります。
日本の場合、支払われる額はあまり高くないのが現状のようです。