知っておきたい過走行のハイエースの買取事情

車を買い取ってもらう際には走行距離が重要になってくるというのは、日本では共通認識といってよいでしょう。
もちろんハイエースの場合も例外ではありませんが、買取業者によっては、ある程度の過走行でも査定可能なケースが多いようです。
では、なぜ過走行でも大丈夫なのか、ということになりますが、これには買取業者の販売ルートが大きく影響してきます。

ハイエースの査定で走行距離がハンデになりにくいのは、海外への販売ルートがある業者に売却する場合です。
海外では、中古車の走行距離に関する感覚が、日本国内とは大きく違います。
走行距離が10万km程度なら普通という世界ですから、少しくらい過走行でも、それなりの価格での売却が期待できます。
そのため、日本国内で買い取る際にも高値査定となりやすいのです。
たとえば、海外への販売ルートがある速攻高値鑑定王の公式サイトには、走行距離50万kmでも高値査定が可能との記載があります。
しかも、過去の実績では走行距離80万kmの車を海外に売却したケースもある、というのですから、驚きです。
日本国内では信じられない話ですが、これも海外へのルートがあるからこそです。
過走行のハイエースの売却を希望する場合には、速攻高値鑑定王のような海外へのルートがある買取業者を検討してみるとよいでしょう。

ハイエース買取査定|独自ルートで事故車・過走行車も速攻高値鑑定王