介護の現場で活躍するナースコール

ナースコールという名前から、病院での呼び出しボタンを連想する人が多いと思いますが、現在では介護施設で広く使われています。

体が思うように動かない人がむしろ病院より多い介護現場では、必須の設備と言えます。

また、認知症で予想外の時間に動き出してしまう人向けにもナースコールは活躍しています。

たとえばベッド脇のマットがスイッチになっているナースコールがあり、徘徊癖のある人がベッドから降りるとアラートが出る仕組みになっています。

そうすることで早期に発見でき、変に拘束しなくても安全を確保できるようになります。

無線化が進んでいるので工事も大幅に簡単になり、また呼び出し機も無線化されるので詰所にいなくてもコールが届くようにもなりました。

高齢化社会がすすむにつれ、ナースコールはますますニーズが増えていきそうです。